Lady Green's Diary

英語講師&翻訳者Lady Greenの日記

シャルシャル言ってみる

先週は風邪で体調を崩していたこともあり翻訳の方はお休みしていましたが、体調も戻ってきたのでそろそろ翻訳再開したいなと思っていたところ、ちょうど良いタイミングで打診がありました。内容はちょっと面倒くさそうだったのですが、先週一件お断りしているし、調べればできるだろうという内容だったのでお引き受けすることに。 出来る時に仕事をしておきたいですしね。

 

大学関係の文章なのですが、私が大学で教えているということもあって、コーディネーターさんもそういうのがあると私に声をかけて下さるようです。今回も、「大学関係なので」とメールが来たのですが、内容は職務規程のようなものでちょっと法律っぽい感じ。 決して得意ではないのですが、書かれている内容を読むと大学の仕事と関連してはいるのでイメージはわくんですよね。 以前に大学関係の翻訳をさせていただいた時はシラバスの入力方法で、これまた結構ややこしくて難しかった。

 

翻訳者登録する際にもコーディネーターの方から大学の案件が多いのでそういうのもお願いしたいという風には言われていました。規程とか多いので、シャルシャル言っておいてくれたらいいですよ〜と言われて、まさに今回そんな感じです。そこまでがっつり法律というのではないですし、スクール通学中にも授業で法律文書も訳したので、なんとか頑張って訳しています。ちょっと一段落ついたので休憩にブログ更新してみました。

 

あ、ちなみにシャルシャルというのはshallのこと。 通常の会話では今はshallというのは滅多に使いませんが、法律の文書ではよく出てきます。独特の表現が多いです。コーディネーターさんが参考までにと関連文書の翻訳文を送ってくださったのでそれを参考にしながら訳しているところです。めっちゃ大変ですが、ある種の達成感はありますね。やっぱり私、翻訳作業好きなんだなと思います。まだ続きがあるので、もう暫くシャルシャル頑張ってみま〜す。

Ain't I a Woman?

記事のタイトルを見て、「この英語間違ってるんじゃ?」と思った方もいるかもしれません。正しくは、Aren't I a woman?となります。「私は女ではないのか?」という意味。am notの短縮形というのはないので、代わりにaren'tを使います。Am I not というのもあるけど。一方、スラング表現でain'tという表現があって、洋楽の歌詞など口語でよく見かけます。英語学習者が率先して使う必要はありませんが、洋楽や洋画、海外ドラマなどでは出てくるので、知っておいて損はない表現だと思います。

 

しかし、なぜこんなタイトルをつけたのか?実はこれ、私が大学生の頃に授業で用いたテキストのタイトルでした。当時と同じ版のものが見つからないので、新しいものをご紹介しておきます。 

Ain't I a Woman: Black Women and Feminism

Ain't I a Woman: Black Women and Feminism

 

  

なぜそんな大昔の本を思い出したのかというと、今読んでいるこちらの本が原因。

Hidden Figures: The Untold Story of the African American Women Who Helped Win the Space Race

Hidden Figures: The Untold Story of the African American Women Who Helped Win the Space Race

 

 

主人公の3人はみな黒人女性。舞台はアメリカ。まだ白人と黒人が隔離されている時代。黒人が就ける仕事は限られている。しかも、女性です。どんなに優秀であっても、まず黒人であるということ、さらに女性であるということで、才能を発揮する機会が与えられない。そんな彼女達にチャンスが巡って来たのは、第二次世界大戦中。男性達が戦争にかり出され、とにかく人出が必要。通常なら黒人にはあてがわれない、女性には機会が与えられないような仕事が巡ってきます。そのチャンスを掴んだのが彼女達。

 

この本を読みながら、当時のアメリカで黒人達が置かれていた状況、女性達が置かれていた状況、そして黒人女性達が置かれていた状況が見えてきます。そしてふと思い出したのが、上の本のこと。

 

黒人の人権について訴えかける時、「黒人」というのは「黒人男性」のことである。そして女性の権利について語られる時、「女性」というのは「白人女性」のことを指す。黒人女性はそのどちらからも取り残されている。本の内容はそんな黒人女性の立場について書かれたものでした。あまりに昔すぎてよく覚えてないのですが、Hidden Figuresを読みながらふと頭に浮かんだのでした。そして改めて調べてみると、実は、"Ain't I a Woman?"というのは演説のタイトルなのだということが判明。それについては、また次回に書いてみようと思います。

  

こうやって本を読んでいると、普段気付かないようなことに気付いたり、意識が向いたり、考えさせられることが沢山あります。そしてそこから派生してまた新しい興味がわいたり。今回読んでいる本も、とても興味深いです。心に残った表現なども、また少しづつ紹介してみたいと思います。

 

 

 

ブッククラブとパチンコの話

何の話かと言うと、先日読み終えたばかりのこちらの本のことです。

 

Pachinko

Pachinko

 

日本に移住してきた韓国人家族の物語。何世代にもわたっての物語が繰り広げられる700ページ越えの超大作でした。第二次世界対戦前に始まって、戦中、そして戦後まで続きます。 最初、読みながらどうしてパチンコというタイトルなのかなと思っていたのですが、中盤になってようやくわかりました。物語が孫世代に来たところで、登場人物の一人がパチンコパーラーで仕事を始めるのです。そしてそのままパチンコ店経営に携わっていきます。なぜパチンコ店なのかと思って調べてみたところ、日本にたくさんあるパチンコ店の多くが実は在日韓国人によって経営されているということを初めて知りました。当時、在日韓国人が就ける仕事というのはとても限られていて、その1つがパチンコ産業だったよう。なので登場人物たちの何人もがパチンコ店での仕事に就いていきます。物語の最後も非常に印象的。これについてはブッククラブのメンバー内でも賛否両論といった感じでしたが、タイトルのPachinkoが暗示的でもあります。

 

 この本を読みながら、自分の国のことながら知らないことがたくさんあるんだなと色々と気づかされました。日韓関係は色々と複雑なこともありますが、この本を読んで改めて色々と考えさせられました。在日韓国人について書かれた小説を初めて読みましたが、こういう本を日本人として一度は読んでおくことは大切だなと思います。

 

ブッククラブでのディスカッションも大いに盛り上がり、作品についてのみならず、日本社会について、在日韓国人について、そして第二次世界対戦のこと、いろんなことをいろんな国の人たちの視点で話し合えたことはとても興味深かったです。 ちなみに参加者の国籍は、日本、フィリピン、スペイン、アメリカといった感じでした。韓国人がいなかったのが残念。 ただ、多国籍なメンバーだったこともあって、テーマを日韓の問題だけではなくて人種の問題として捉えて、例えばユダヤ人の迫害に話がおよんだり、広い視点で語れたのが良かったです。

 

ボリュームのあるかなりの長編ですが、ストーリーはとても面白く、ドラマチックな展開にちょっと韓国ドラマを彷彿させられましたが、舞台は日本なのでまた違った感触です。英語は非常に読みやすく、私はサクサクと読めました。ただ、長いのが辛いですね。私はブッククラブ当日の朝にギリギリセーフで読み終えました。他のメンバーも同じだったようなので、「何だ皆いっしょか」と安心しましたが(笑)

 

残念ながら日本語版は出ていないようですが、アメリカではかなり話題になりベストセラーになっているそう。一読の価値ありと思います。

 

 

夏風邪

週末から風邪でダウンしてました。最近ちょっと忙しく頑張りすぎてたかしら?

 

大学も1日休講にしてしまったので、今日は休んだ分の補講。ようやく体調も戻ってきつつありますが、やっぱり健康大事だなぁと思いますね。翻訳の方も打診頂いたのですが、ちょっと急ぎの案件ということで、大学の授業もあるし今回はお断りしました。あんまり無理してもダメですね。

 

あと少しで前期の授業も終了なので、残りの授業は休むことなく終えたいです。

 

ブッククラブの話だったりと色々と書きたいことはあるのですが、また時間のある時に改めて書けたらなぁと思います。

 

ちなみに今は新しい本を読み始めてます。映画にもなった本ですが、こちらもとても面白いです!

 

Hidden Figures: The Untold Story of the African American Women Who Helped Win the Space Race

Hidden Figures: The Untold Story of the African American Women Who Helped Win the Space Race

 

リンクが上手く貼れないのですが、実際に読んでるのはYoung Readers Editionsの方。短く編集されてます。せっかくなので通常版で読もうかなとも思ったのですが、何故か指定されているのがこちらのバージョン。前回に読んだ本が700ページを超える大作だったので、今回は短めのものをということだったので、まぁいっかと今回はちょっと楽させてもらうことにしました(笑)ちなみに映画はこちらです。プライムに入ってたら観てみたいなぁ。

 

 

 

 

ワークバランス

先日の記事の後もMemsource案件が続き、随分と使い方に慣れてきました。クラウド上にデータが保存されているのは何だか安心。どこからでもアクセスできるし、バックアップ取り忘れる心配もありません!とは言え、便利な点もあれば不便もある。プルーフバックの確認は正直ちょっと面倒です。いつもならプルーフ原稿を確認して修正なければメールで「修正ありません」と伝えればそれでオッケーなのですが、Memsourceの場合は各セグメントごとに確認、確定をしていかないといけない。これが結構な手間です。どんなツールも完璧なものなどなく、利点と欠点の両方がありますね。でも、使えるようにしておくことで引き受けられる仕事が増えるのはプラスになります。なのでやっぱりトライしてみて良かったです。

 

翻訳の作業にも大分と慣れてきて、講師業とのバランスの取り方がつかめてきたかなという感じです。始めたばかりの頃よりも落ち着いて作業に取り組めているかな?という気がします。最初の頃は勝手がわからないこともあり、自分の処理スピードや能力にも自信がまだ持てず(今もそんなに自信があるわけじゃないけど)、せっかく打診頂いたのにお断りした案件も多数。今思えば「あれ、やっとけば良かった!」と思うものもあります。とは言え、その頃はまだ今以上に手探りでやっていて、体力的な自信もなかったので、仕方なかった面もあるのですが…。

 

大学の方もクラスの雰囲気がつかめてきて時間のやりくりも出来るようになってきたので、先月からは打診のあるものはお引き受けするようにしています。と言ってもそんなボリュームのあるものは来ないんだけど。それでも、毎週末翻訳してるのでちょっと休みたいなぁと思うこともあるのですが、納品して抱えてる翻訳が何もなくなると、ホッとはするのですがすぐに退屈になってしまうので、依頼があればついお引き受けしてしまいます。でも、そんな毎日に慣れてきてしまいました(笑)仕事の合間に音楽聞いたり本を読んだり家事したり昼寝したりダンスしたり(息抜き多すぎ?笑)と休息を取っているので、休みなしというわけではないし。

 

ずっと仕事があるという保証はないわけで、出来る時に出来る仕事をしておこう、せっかく依頼頂いた仕事はできるだけお引き受けしようという気持ちです。それが経験にもなるし次の仕事にもつながります。講師の仕事と違って1つの仕事が何ヶ月にもわたるわけではないし(そういう案件もあるのでしょうが)、毎回毎回こなしていく感じ。でもだからこそ、その時その時目の前の仕事に精一杯取り組んでいく。実はそれが心地良かったりもします。

 

そんな感じで、ワークライフバランスというかワークワークバランスという感じもしますが、充実した日々を送っています。来月には大学も夏季休暇に入るので、そうしたらさらに翻訳の方を頑張っていきたいです。その前にまずは学期末テストを作らないといけないんですけど!

 

 

初のMemsource案件でトラブル発生

先日の記事で初のMemsource案件を引き受けた話をちょこっと書きました。

翻訳は無事に納品できたのですが、ネイティブのプルーフ入り原稿を確認する段階で思わぬトラブル発生!しかも、その日の夕方に大学の講義が入ってたため、問題に気づいたのが家に帰った後の夜9時前。すでにコーディネーターさんは退社した後ですから連絡が取れない。翌朝の9時までに原稿確認しないといけないのですが、コーディネーターさんが出社するのも9時前位でしょうから、この時点で期日に間に合わないことが決定です…。しかも、翌日は午前の講義が入っているので、9時半までには家を出ないといけない。朝一で連絡が取れたとしても、その後原稿チェックする時間があるかどうか…。

 

しかし、悩んだところでもはやなすすべがない。一応状況を伝えて「至急ご連絡下さい」というメールを送っておきましたが、このメールが読まれるのはきっと翌朝。それでも一応「問題に気付いてすぐに連絡を試みた」という事実は残しておこうとメールしておいたのでした。

 

考えてもわからないんですが、それでも「一体何がいけないんだろう。私が何かの設定を誤ったのか、先方のミスなのか。納期に遅れるのはほぼ確実だけど、少しでも早く対処するにはどうすればいいか」といろいろと考える。翌日の授業のこともあるし、ぎりぎりで対処して授業に遅刻するのもまずいしなぁ。焦る気持ちもありましたが、結局コーディネーターさんからの返事を待つしかないので、取り敢えずご飯食べてお風呂に入って寝ることにしました(笑)あんまり良く眠れなかったけど(夢に出てきたわ)。でも、翻訳は仕上がって提出できているし、プルーフもそこまで大きく修正されることがないので、正直この後の工程は私じゃなくても出来るはず。社内に常駐している翻訳者さんもいるので、そちらで対応いただいてもいんじゃないかなぁとも思ったので、「まぁ何とかなるだろ」という楽観的な気持ちもありました。

 

で、結局どうなったかと言うと、朝一ですぐに連絡取れたんですが、すぐに問題解決とならなくて、やはり社内の翻訳者さんに後はお任せすることになりました。その後「無事仕上がりましたのでご安心下さい」とのメールが届き、ホッと胸をなでおろしたのでした。

 

で、結局、原因は何だったのかというと、詳しいことはわからないのですが、先方の設定ミスであったようで、「私のポカじゃなくて良かった」とこれまたちょっとホッとしたのでした。それでも、やっぱり精神衛生上よろしくないので、次はもう少しゆとりのあるスケジュールで引き受けようと思っていたら、またまたMemsourceの案件の打診が来ました。しかも、また同じスケジュール。正直まだちょっと怖いので、事情を話してプルーフ確認にもう1日ゆとりをもらえるならお引き受けできますとお伝えしたところそれでOKということでしたので、2度目のMemsource案件を受注。今度は全ての工程でスムーズに進み、結局1日伸ばしてもらったプルーフ確認の締め切りより早く確認のお返事が出来たのでした。

 

はらはらしましたが、個人で仕事請け負っているとこういうこともありますね。そういったことに対処できるようにすることも仕事の一部かなぁと思います。そして、コミュニケーションをしっかり取っていくことですね。兼業でしているので、スケジュール調整など難しいこともありますが、きちんとお伝えした上で無理な時はお断りし、日程調整してもらえる時はして頂く。私は初受注の時からいきなりプルーフのスケジュール調整をして頂いたりと結構図々しいことをしています(笑)いや、決して「伸ばして下さい」などとは言わないですよ。ただ、「こう言う事情でこのスケジュールは無理ですが、この日程なら対応できます。お急ぎでしたら、今回は辞退致します」とお伝えすると、可能な場合は調整して下さるし、だめなら「ご放念下さい」となります。新米のくせに生意気かもしれませんが、ちゃんとお伝えすることも大事かなと思っています。一旦お引き受けしたら、割と早めに納品しますし、プルーフ確認の返事なんかもすぐにしているので、それなりに信頼頂けているかなぁとも思っています。

 

 ただ、今後仕事を増やしていきたいと思ったら、大学の仕事はちょっと調整した方が良いかなとも思います。午前中の授業は外していく方が良いかも…。

 

 

 

TOEIC受験に向けて

今2つの大学でTOEIC対策を教えていますが、そのうち1つの大学の授業では、学期中に一定のスコアを取得できないと単位の認定が出来ないということで、皆必死に頑張っています。私も皆にスコアを取って欲しいので、授業内容はもちろんですが、授業外の学習の仕方などもアドバイスしながら学生たちの英語力アップに努めています。

 

そして、スカイプの方でもずっと指導している生徒さんが数年ぶりにTOEIC受験することになって、こないだからTOEIC対策を始めました。新形式TOEICは初めてということなので、新方式の対策アドバイスなどもしながら公式問題を解いていっています。

 

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 3

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 3

 

すでに900点オーバーのスコアをお持ちの実力者ですから、大学生を指導するのとは全然違うのですが、毎回リスニング問題を使った音読課題を出してレッスンで発表してもらっています。これまでも音読はしてもらっていたのですが、TOEIC受験に合わせてTOEIC問題の音読に切り替え。彼女はこれを毎回暗唱してきてくれます!素晴らしい!実務でも英語を使うので、TOEICに出てくる単語は馴染みのあるものも多いようで頭に入ってきやすいとのこと。読解問題でもビジネスメールで使える表現がたくさんありますから、TOEICのレッスンしながら実用英語の勉強にもなっています。

 

私も彼女を見習って、TOEIC問題の音読、シャドーイング、暗唱に取り組んでいます。と言っても、彼女ほどに完璧には覚えてないんですけど(笑)、先生も負けないようにやらなきゃです。そして、私も来月久しぶりにTOEIC受験することにしました。去年は受験できなかったので、今年は受けたいなぁと思っていたところ。7月逃すと次は9月になるので、そろそろ受けとくかなと。久しぶりだとちょっとどきどきです。900点台の後半は維持できるようにしたいところ。ちなみにスカイプ生徒様は900点台半ば位なので、出来ればちょっと上げれたらいいなぁとのこと。追い抜かれないように私も頑張らなきゃ〜。