Lady Green's Diary

英語講師&翻訳者Lady Greenの日記

Bookclub: Convenience Store Woman

今年3度目のブッククラブ参加。今のところ毎回出席しています!去年は1月に参加してそれっきりになってしまったので、今年こそは有言実行。皆勤は難しいかもですが、出来るだけ参加したい。

 

さて、今回の課題本は日本人作家の作品。芥川賞を受賞して話題になったこちらの本です。

コンビニ人間 (文春文庫)

コンビニ人間 (文春文庫)

 

私も気になっていた本なので、今回良い機会と思って読んでみました。短い作品だし日本語なので一気に1日で読んでしまいました。クスッと笑えるシーンもたくさんあり、それでいて「普通」って何だろうと考えさせられ、私自身も「普通」から外れた人生を送っているので、主人公の言葉に共感する部分もたくさんありました。クラブのメンバーから指摘がありましたが、主人公の女性はおそらく自閉症なのではないかと思うのですが、そんな彼女が見つけた居場所がコンビニ。そこで初めて彼女は自分が存在する意義を感じられる。

 

ディスカッションはなかなかに盛り上がり楽しかったです。エンディングについてちょっとした賛否両論がありましたが、私は主人公が他者の目ではなく自分の気持ちに従って決断したことに意義がある気がしています。幸せの定義は色々とあるでしょうが、それが彼女の望む幸せならばそれでいいではないかと思うのです。何だか私もちょっと勇気をもらえた気がします。でも、違う意見があるのも当然だし、だから議論が面白いのだとも思います。

 

芥川賞を受賞したということで、文学的な価値はどうなのか、何が評価されたのかという点では厳しい意見もありました。それについては私は何も偉そうなことを言えるだけの見識もないですが、作品として楽しめたし私は好きです。読みやすい作品ですし、お勧めします。

 

さて、次の課題本はこちら。

Pachinko

Pachinko

 

 

これまた舞台は日本ですが、主人公は韓国人女性。日本が舞台でも描かれ方が全く違ったものになるので興味深い。『コンビニ人間』と違ってかなりの大作。次の集まりまでに読み終えられるかどうか心配ですが、取り敢えず読み始めています。Kindle端末買ってから初めて電子書籍を購入。Kindle活躍中。やっぱり買って良かった。これからどんどん活用していきたいです。

初めての英日翻訳

今年に入って翻訳の仕事を始め、これまでずっと日英翻訳ばかりだったのですが、今初めて英日翻訳の仕事に取り組んでいます。英日の仕事はこないだろうと思っていたのでちょっと意外でしたが挑戦してみたいなとも思っていたので、今回お話を頂いてせっかくの機会とお引き受けしてみることに。大量案件で何人かの翻訳者に分けての発注とのこと。可能な分量をお伝え下さいとのことだったので、大学のスケジュールや他の予定なども考慮して少し少な目の分量でお願いしてみました。

 

内容は大学関連のものでイメージしやすい点もあり興味深く作業していますが、和訳はやっぱり緊張します。学校の方でも英訳の勉強を中心にしていたし、和訳のクラスはちゃんと卒業もしていないので自信が持てないというのもあります。やっぱり訳し慣れている英訳の方がやりやすいです。所どころで学術的用語が出てきたり、調べてもわからないものもあったりします。内容が理解できても自然な日本語に翻訳するのが難しかったり。同じ翻訳でも英語に訳すのと日本語に訳すのでは求められるスキルが違うなぁと改めて感じます。それでも、和訳ならではの面白さもありますし、自分の勉強のためにも頑張って取り組んで出来るだけ良いものを納品したいと思います。

 

去年、まだスクールに通学中の時に、在校生向けに実施されたプレ登録に応募したのが、こういう形で役に立ったなと思います。英訳の方は無事に卒業して本登録をしたのですが、和訳は結局卒業せずとなっているので、プレ登録がなければ仕事は出来ていないはず。和訳の仕事は少ないと聞いていたので、卒業できていない私のところに案件の打診は来ないだろうと思っていたのですがわからないものですね。英訳の方を定期的に引き受けているのもあるのかもしれません。何にしろ有り難いことです!

 

翻訳室でチェックの仕事をしている友人曰く、「仕事頼める人のリストに名前が入ってるんだと思うよ」とのこと。それは大変光栄なこと!「あの人に頼もう」と思い出してもらえるのは嬉しいことです。張り切って頑張りたいと思います。

 

 

GW明けて再始動

10連休中もスカイプレッスンはちらほらと入れていたので完全にオフではありませんでしたが、大学の講義がないとかなり気持ちはノンビリ。特別なことは何もありませんでしたが、友人とランチに出かけたり親戚で集まったりと楽しい休日を過ごすことが出来ました。

 

そんななが〜い10連休もあっと言う間に終わり、ちょっと登校拒否したい気分になりましたが、気合いを入れ直して講義再スタートです。クラスの雰囲気もようやくつかめてきて、少しづつ生徒とも打ち解けてきたところ。大人数のクラスの進め方に少し慣れてきたかな?という気がします。これはこれで楽しいかもという気がします。所々でペアワークやグループワークを入れると活気が出てなかなか楽しいです。私が一人で喋っていても退屈ですからね。

 

去年の秋は辞退した大学のTOEIC講座も、今年の春講座はお引き受けして、定員オーバーの大盛況のクラスとなっています。元気のいい学生もいて、思った以上に楽しくレッスンが出来ています。毎回、コース終盤に近づくとモチベーションが落ちてきて脱落していく生徒がいるのですが、今年は最後までサバイブしてくれるといいのですが。

 

まだまだ色々と試行錯誤中ですが、良い授業にしていけるように頑張りたい。大変なことも多いですが、レッスンは楽しくもあるので、こうしてまた大学で講義できることが嬉しくもあります。学生から元気をもらうことも多々あります。やっぱり続けていきたい仕事だなと思います。翻訳の方とバランス取りながらやっていきたい。それが難しくもあるのですが、こうして欲張りに色んなことに挑戦して、自分がやりたいと思うことを出来ているのは凄く有り難く幸せなことだなと思う今日この頃です。

 

最近の読書状況

今年2冊目の洋書はブッククラブの課題本になっていたこちらの本。ハードボイルド小説ですが、ちょっと私には難しかったかも・・・。

The Big Sleep (Phillip Marlowe)

The Big Sleep (Phillip Marlowe)

 

 雰囲気は味わえて楽しかったですが、ミステリー小説は英語で読むの難しいですね。作品にもよるかもしれませんが、ちょっとした読み間違いで内容をつかめなくなりそうです。そして、登場人物が覚えれないのも困りもの(あ、これは英語関係ないか!)。でも、冒頭から、風景の描写や人物の描写が巧みでストーリーの世界に引き込まれていきました。ブッククラブのメンバー達も同じように言っていて、先月に取り上げた東野圭吾さんの作品と比べて概ね高評価でした。人物の描写がより細やかで、登場人物により親近感が持てるしそれぞれの個性が際立っているとのこと。映画の話も出たりして、議論はなかなかに盛り上がりました!

 

そして次の課題は再び日本人作家の作品。最近話題になったこちらの本。 

コンビニ人間 (文春文庫)

コンビニ人間 (文春文庫)

 

 短い作品なので1日で一気に読んでしまいました。これは面白かったです!他のメンバーの意見を聞くのが楽しみ。特に「(東野作品に続いて)また2流作品なんじゃないの?」と懐疑的だったメンバーの評価を聞きたいところ。もう1冊、同じように社会に馴染めない主人公を描いた作品もチョイスに上がっていて、どちらか読んで参加ということ。面白そうなんでこっちも読んでみようかな?と思いつつ、まだ購入に至っていません。

Eleanor Oliphant is Completely Fine: Debut Sunday Times Bestseller and Costa First Novel Book Award winner (English Edition)

Eleanor Oliphant is Completely Fine: Debut Sunday Times Bestseller and Costa First Novel Book Award winner (English Edition)

 

 

最近はアマゾンプライムの無料本を何冊か読み漁っています。主にビジネス書ですが、結構似たような内容のものもあって、短時間でさくっと読んでいるので何を読んだのかあまり記憶に残っていなかったりします。でも、ビジネス書結構好きで、モチベーションは上がるんですよね。でも、ちょっとほっこりしたいなぁと思って今読んでいるのはこちらのエッセイ。

お家賃ですけど

お家賃ですけど

 

 

これが結構楽しいです。なんだかほっこりします。自分の一人暮らしと重なって楽しい気持ちになります。

 

こうやって色んな本を乱読していますが、これもKindle効果、プライム効果。これまでは図書館を活用してましたが、すぐにダウンロードして読めるのはやっぱり便利。時短になるし、持ち運びも楽なので良いです。無料のもの、有料のもの、上手に使い分けしながら読書生活を充実させていきたいです。

 

 

ケ・セラ・セラ

大学の新年度がスタートして2回目の授業が終了。面白い学生もいてなかなか楽しくもあるのですが、同時に大人数のクラスはやはりまとめるのが大変でもあります。そして毎週のテスト作成と採点が大変。昨年度の授業と比べてものすごくエネルギー消費量が大きくなっている気がします。どうなることやら、なんですが、頑張るしかないですね。


翻訳の方は4月に入ってちっとも仕事を引き受けられていません。ある程度想定していたことではありますがちょっと悲しいです。翻訳登録する際にエージェントさんにそういったスケジュールのことはお伝えしていて、スケジュールが決まった先月末に4月以降の予定もお伝えしています。4月に入ると繁忙期も一段落してじっくり取り組める仕事が増えると思います、とのことだったので、納期が比較的ゆったりめの案件をさせていただけたらいいなぁと思っていましたが、意外と短納期のものが来たりしていて、何件か続けてお断りしているので、そのうち打診来なくなるんじゃないかと心配です。終日大学の講義に入ってしまう日などは、返信が遅くなってしまったりするので、その辺も改善が必要。休憩時間にメールチェックするように気をつけなくてはいけません。


もう少し自分の許容量を増やしていきたいなと思うので、色々と工夫が必要です。1番は、もっと体力が欲しい!と思うのですが、これは改善はあまり期待できなさそう…。大学の方は、同じ授業を担当している別の非常勤の先生と連絡が取れたので、資料などシェアさせてもらったりお知恵拝借しつつやってければと思います。こういう時、横のつながりって大事だなぁと思います。同じ立場だからこそ大変さがわかるし、助け合えることがありますね。


講義も翻訳も始まってみて初めてわかることも多くて、思い通りに行かないこともあり、ちょっとしたストレスでもあるのですが、それも受け止めて対処していくしかないので、試行錯誤しつつハンドルしていけたらと思います。体壊さないようにだけは気をつけたい。


Amazon musicでジャズのラジオステーションを聞いていたら懐かしい曲が流れてきました。ケ・セラ・セラ、てここから来てる表現なんですよね。あんまり難しく考えるとストレスでしんどいから、こんな感じでゆるーくリラックスしてみるのもいいもしれないなぁ。やっぱり音楽は私のエネルギー源です。「なるようになるさぁ」とちょっとお気楽にしつつ、でも出来ることはやって「なんとかする!」という気持ちで挑みつつ、バランスよくやっていきたいところです。

 

youtu.be

新年度がスタート!

大学の新年度授業がスタートしました。いつも色々とトラブルはあるのですが、今年はどうも例年以上にハプニングの多い年になっています。まあなんとか無事に初回授業をおえられたので、ちょっとほっとしているところです。


昨年度はひとクラス数名だけの少人数のクラスもあったのですが、今年は大人数のクラスが多いです。一番人数が多いクラスで40名近くの学生が履修しています。テストの採点や成績入力などがいつも以上に大変。クラスをまとめて行くのも大変ですが、初回授業は皆でワイワイと楽しくできたので、上手くハンドルしていけたら良いのですが。


別大学で教えるTOEIC講座の方も、30名の受講生が集まったとのこと。まだ開講してませんが、こちらも上手くまとめていけたらと思っています。担当者さんに「今年は別大学も人数多いんですよ」と話したら、「先生のところに人が集まる年なのかもよ」と言われました。そうなのかも?大変な面もあるんですが、大人数のクラスも上手く教えていけるようにスキルを身につけられるといいなと思います。良い授業して学生に力をつけさせてあげれたら、たくさんの学生たちのスキルアップに貢献できるということだし、前向きに捉えて頑張りたいです。


実は、新年度が始まってすぐに、去年教えた学生から大学の私のメールアドレスに連絡があって、TOEICのスコアが凄くアップしたと報告をしてくれました。教え始めた時は本当に初歩的な文法もわかっていなくて、主語、動詞を見つけることから始めて、関係代名詞や分詞構文など徐々に教えていって、年度が終わる頃には随分と英語が読めるようになっていたのでした。1年で200点位スコアが上がっていたので、本人も凄く嬉しかったよう。「先生が丁寧に教えてくれたおかげです」とお礼のメールをくれたのでした。メールを読んで私もとても嬉しかったです。生徒がそうやって結果を出してくれるのは、ある意味で自分のこと以上に嬉しかったりします。こういう「ご褒美」があるから、この仕事辞めれないんですよね。新年度でもそんな嬉しい報告を生徒から聞けるように良い授業をしていきたいと思います。


ちなみに、先日買ったKindleは大活躍しています。まだ本は何も買ってないんですが、Prime Readingの本を既に数冊読み終えました。やっぱり読書量は増えますね。Amazonがプライム会員料金の引き上げを発表しましたが、それでも月額500円でこれだけ本を読めて、さらにPrime Musicでラジオを毎日聞いているので、私にとってはかなりお得感があります。なので、多分このまま継続して利用すると思います。洋書も何か買いたいなぁ。

 

Kindle Paperwhite 電子書籍リーダー 防水機能搭載 Wi-Fi+4G 32GB

Kindle Paperwhite 電子書籍リーダー 防水機能搭載 Wi-Fi+4G 32GB

 

 

 

Kindleデビュー

数年前から買おうかどうかと迷いつつ見送っていたKindle端末。先日ついに購入してしまいました! 

 きっかけは先月に参加したBook Club。メンバーの1人が持っていたKindleを見て、やっぱり欲しいなぁと思い、家に帰ってアマゾンでチェックしてみたらちょうどタイムセール中。これまでスマホのアプリで読んでいたりしましたがやっぱり目が疲れるし、紙の本も好きですが、出来れば物を増やしたくない。洋書はKindle版の方が安いことも多いし、英単語をすぐにチェックできるのはやっぱり便利。悩んだ末、思い切って購入することに。

 

どうせ買うならタイムセール中に。しかし、タイミング的にどうも届くのが旅行で外出中になりそうな雰囲気。そこで、アマゾンプライムの無料お試しを利用してお急ぎ便で購入したところ、無事に旅行前に商品をゲット!めでたくKindle端末を手に入れ、Wifi設定も済ませ、プライム会員向けの無料書籍をダウンロードして旅行に出かけたのでした!なかなか快適です!

 

まだ購入したばかりですが、今のところ非常に快適に使えています。プライム会員も、月額400円で指定の本が読み放題なのは有難い。以前Kindle unlimitedを使っていたこともあるのですが、プライムの方がお得感があります。ビデオや音楽もあるし、日時指定などが出来るのも便利です。もう少し様子見てから決めますが、継続するかもしれません。